ブログ記事の書き方 基本編

読みやすいブログ記事の書き方の基本についてです。

「記事を書く」

この言葉1つでも読みやすい記事を書く人と読みにくい迷惑な書き方をする人がいます。

読みやすい記事を書くための基本的ポイントを挙げておきます。

  1. 会話口調で書くこと
  2. 文章は3行程度で1行空ける
  3. 無駄な漢字を使い過ぎない
  4. 1対1で話をしてるつもりで書く
  5. 箇条書きでポイントをわかりやすくする

1.会話口調で書くこと

普通に人に話すように書くことです。

年配の人や真面目すぎる人がブログを書くと

すごく堅苦しい文章になります。

論文というか、新聞の記事みたいな無機質な印象が強いことがあります。

どんな内容でも人と会話してるつもりで書く方が伝わりやすいし、

読みやすいのです。

読者のことも考えるなら会話口調で書く方がいいです。

 2.文章は3行程度で1行空ける

私が書いたこちらのページの記事を例にします。

http://www.useonlinebiz.com/archives/785

行間を空けない場合

——————————————————————————————————

SEOにおいて重要なのは単一キーワードで1位を取ることではありません。

アフィリエイトでも自分で商品を販売するウェブショップでも考え方は同じです。 もちろんドロップシッピングでも同じです。

よく単一キーワードで1位になることだけを盲信する社長さんがいますが、 これはまったく意味がないことが多いです。

検索エンジンを使って、キーワードを入力して探す人の立場になって考えてみるとわかります。

例えば、PPC広告でも単価の高い「ダイエット」で1位を取ったとします。

競争も激しく1位になればすごいことです。

だからと言って、それで成約率が上がることとはイコールではありません。

 ——————————————————————————————————

 行間を空けた場合

——————————————————————————————————

SEOにおいて重要なのは単一キーワードで1位を取ることではありません。

アフィリエイトでも自分で商品を販売するウェブショップでも考え方は同じです。

もちろんドロップシッピングでも同じです。

よく単一キーワードで1位になることだけを盲信する社長さんがいますが、

これはまったく意味がないことが多いです。

検索エンジンを使って、キーワードを入力して探す人の立場になって考えてみるとわかります。

例えば、PPC広告でも単価の高い「ダイエット」で1位を取ったとします。

競争も激しく1位になればすごいことです。

だからと言って、それで成約率が上がることとはイコールではありません。

 ——————————————————————————————————

どっちが読みやすそうでしょうか?

答えは簡単ですよね?

同じ文章でも行間を空けずに詰めて書くと読みづらい印象になります。

読みづらそうだと読むのをやめてしまう人もいます。

文章を詰めても3行程度にして、適度に行間を空けていくと読みやすいです。

同じ文章でも行間のあるなしで読みやすさが違ってくるのです。

3.無駄な漢字を使い過ぎない

例えば、勿論、所謂(もちろん、いわゆる)など、通常ひらがなの方が読みやすいものを

わざわざ律儀に全部漢字にする人がいます。

ひらがなにしないことで「堅苦しい」「重そう」という印象を与えることがあります。

ひらがなの方が読む安いものまで、何でも漢字にしたがる人がいますが、

ウェブでは読みやすさを優先します。

ひらがな表記をするようになったのは読みやすいからです。

律儀に漢字にしても、めんどくさいだけで、読みにくくなるだけです。

この手の言葉はひらがなにしてOKです。

4.1対1で話をしてるつもりで書く

会話口調で書くのと関連したことです。

文章を書くときは特定の人に説明するような書き方をするとわかりやすいです。

例えば、機械が苦手な主婦の人がいたとします。

その人にパソコンの性能のことを説明するなら、どういう説明の仕方をしますか?

ハードディスク=保管倉庫

メモリ=一度に複数の作業をできる能力

CPU=作業スピードの速さ

ざっくり説明することができます。

性能がわからない人に用語を使って説明してもわからないものです。

最初にこういうものだよとわかりやすい例を使って説明すると理解してもらいやすいのは

ブログの記事を書くときも同じです。

1人の人が読みやすくわかりやすいと言えば、他の人も理解しやすいことが多いです。

より文章力を向上させたいなら、書くテーマに疎い友人・知人に話すつもりで書くと

文章の書き方を工夫するようになります。

5.箇条書きでポイントをわかりやすくする

この記事の冒頭でもポイントを最初に箇条書きにしました。

ポイントを箇条書きにして、詳しいことは別途追記して書いてます。

最初に話す内容をまとめてあるので、どういうことが書かれているかがすぐにわかります。

この記事の冒頭にも書きましたが、

  1. 会話口調で書くこと
  2. 文章は3行程度で1行空ける
  3. 無駄な漢字を使い過ぎない
  4. 1対1で話をしてるつもりで書く
  5. 箇条書きでポイントをわかりやすくする

ポイントがはっきり見えるので読みやすさが増します。

これが全部ポイントを出さずに1つ目から全部文章で説明書かれたら・・・

読みづらいですよね?

いい内容だったとしても読みづらさが先行すれば、読んでもらえることが少なくなります。

せっかくがんばってももったいない努力になります。

このテクニックは長い文章をまとめるときに便利です。

以上、5つの点を意識しながら、文章を書いていくと読みやすい文を書けるようになってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です